指導者養成

 『スイミングクラブは地域のオアシスであらねばならない』は、一般社団法人日本スイミングクラブ協会に加盟する各クラブの終局の目標です。これは単なる砂漠の泉を意味するだけでなく、喉の乾きとともに心の安らぎを満たすものでなければならないことを目指しています。それには施設のプールとともに、そこで働く指導者の質の向上が大きな要素を占めます。
 本協会では、指導者の養成を最大の使命とし、文部大臣告示による指導者養成事業の認可団体となり、平成2年度から事業にとりかかりました。これと並んで事故防止に万全をきすため、安全水泳講習会を開催し、指導者全体のレベルアップを図ります。またこれまで、教えることに止まった領域から、水泳を楽しむ方向にすすめ、本来のクラブライフを楽しめるスイミングクラブづくりを目指します。

厚生年金基金

 一般社団法人日本スイミングクラブ協会は、平成2年度から日本スポーツ界ではじめての『日本スイミングクラブ厚生年金基金』を発足させました。地域に根付いたスイミングクラブの基盤を固め、指導者など働く人たちの明日を考えてのことです。
 そのメリットは、事業主では積立金の利益差で年金給付の増額や福利厚生の充実が図れる。また従業員にとっては、掛け金の負担増なしで国より多くの年金が支給される。さらに加盟するスイミングクラブ全体では、独自の有利な年金制度が確立されると共に、社会的基盤の一層の向上とイメージアップに役立ちます。
 より多くのクラブが加入され、働く人々の意欲がクラブの繁栄につながることを願います。お問い合わせは、当協会事務局までお電話ください。