資格の登録更新について


 当協会が主催する各種資格取得講習会の試験に合格し、資格登録の申請をされた方は、当協会の資格登録台帳に保管登録され、各資格の資格証等が交付されます。
 そして、その資格登録の有効期限は、4年間となります。
 引き続き資格登録を希望される場合は、資格登録の更新手続を取っていただかなければなりません。
 また、住所、氏名等を変更した場合には、資格登録変更の書類提出が必要になります。

 各資格取得者が、資格登録の更新を行う場合、また、住所、氏名等を変更した場合は、以下の手続を取って下さい。

資格登録更新のための研修会受講について

  • 資格登録を更新するには、当協会が指定した資格登録更新のための研修会(以下、更新研修会)において、6時間以上の更新研修会を履修し、その際に発行されます受講修了証明書のコピーを資格登録更新時に添付する必要があります。有効期限の間際になって慌てる方もおられますので、計画的に受講(有効期限の1年前に予告の文書を有資格者に送付いたします。)し、受講された更新研修会の受講修了証明書を保管して下さい。なお、当協会では、皆さんの更新研修会受講記録を管理しておりませんので、各人で管理をお願いいたします。
  • 更新研修会は、当協会全国10支部で随時行われております。更新研修会の日程と内容は、当協会ホームページ(http://www.sc-net.or.jp)
  • 当協会認定資格の複数の資格保有の場合も、6時間以上の更新研修会を履修すれば、その受講修了証明書を資格数分コピーして使用することができます。
  • 当協会安全委員会が開催をしている安全水泳関連の研修会は、アクアフィットネスインストラクター・アクアダンスインストラクター・水泳インストラクター・水泳教員・メディカルアクアフィットネスインストラクター・対象別インストラクターの更新研修会になります。しかし、水泳教師資格の更新研修会にはなりません。
  • 当協会指導力向上委員会が開催している更新研修会は、水泳教師・アクアフィットネスインストラクター・アクアダンスインストラクター・水泳インストラクター・水泳教員・メディカルアクアフィットネスインストラクター・対象別インストラクターの更新研修会になります。しかし、当協会認定の安全水泳関係資格の更新研修会にはなりません。
  • 更新研修会の履修は、有効期限の6か月前までに行って下さい。そして、更新手続は、有効期限2か月前までに行って下さい。
  •     

※各資格の登録更新申請書は、当協会ホームページからもプリントアウトをすることが可能です。



[前のページに戻る]