水泳教師「専門科目」講習会

水泳教師「専門科目」講習会

公益財団法人日本水泳連盟・一般社団法人日本スイミングクラブ協会 共催

「専門科目」講習会
専門科目の対象別講習会は次の表の通りです。
各講習会は順不同で、どの講習会から受講して頂いても結構です。

専門科目対象別講習会
水泳教師
専門科目講習会
(1)水泳基本講習会
(2)幼児水泳インストラクター講習会
(3)学童水泳インストラクター講習会
(4)成人水泳インストラクター講習会
(5)競技水泳インストラクター講習会
(6)水泳安全管理講習会
水泳上級教師
専門科目講習会
(1)ベビースイミングインストラクター講習会
(2)高齢者水泳インストラクター講習会
(3)妊婦水泳インストラクター講習会
(4)水泳施設運営管理講習会

受講上の注意

「専門科目」講習会は、日水連とSC協の共催事業ですが、、一般の受講者を対象とした「一般コース」の窓口はSC協が担当しております。講習会の詳細・申し込み等につきましては、SC協のホームページ、またはSC協事務局までお問い合わせください。(SC協事務局 TEL:03-3511-1552)
また、体育系大学と短期大学及び社会体育専門学校を対象とした、認定校の「適応コース」については日水連が担当いたします。

1)公認水泳教師

(1)受講条件
専門科目受講条件は満18歳以上の健康な方。(共通科目: 満20歳以上)
(2)資格取得方法
専門科目84時間(6つの対象別講習会)

  1. 6つの対象別講習会を、総て受講修了すると同時に試験に合格すること。
  2. 同上講習会に付帯する、通信講習の試験[通信レポート]に合格すること。
    (合わせて、「共通科目」講習会を受講修了すると同時に試験に合格すること。)

(3)対象別講習会
水泳教師「専門科目」履修終了者:各対象別講習会を受講修了し試験に合格をした方には、各対象別講習会の「履修証明書」を発行いたします。

  • 水泳基本講習会修了:水泳指導の基本的な技術を有し、水泳指導者の下で水泳指導ができるものです。
  • 幼児水泳インストラクター講習会修了:幼児水泳指導の知識と技能を有し、幼児水泳の指導ができるものです。
  • 学童水泳インストラクター講習会修了:学童水泳指導の知識と技能を有し、学童水泳の指導ができるものです。
  • 成人水泳インストラクター講習会修了:成人水泳指導の知識と技能を有し、成人水泳の指導ができるものです。
  • 競技水泳インストラクター講習会修了:競技水泳指導の知識と技能を有し、競技水泳の指導ができるものです。
  • 水泳安全管理講習会修了:水泳安全管理の知識を有し、心肺蘇生法の技術を有するものです。
2)公認水泳上級教師

(1)受講条件
専門科目受講条件は満20歳以上の健康な方。(共通科目: 満22歳以上)
(2)資格取得方法
専門科目64時間(4つの対象別講習会)

  1. 4つの対象別講習会を、総て受講修了すると同時に試験に合格すること。
  2. 同上講習会に付帯する、通信講習の試験[通信レポート]に合格すること。
    (合わせて、「共通科目」講習会を受講修了すると同時に試験に合格すること)

(3)対象別講習会
水泳上級教師「専門科目」履修終了者:各対象別講習会を受講修了し試験に合格をした方には、各対象別講習会の「履修証明書」を発行いたします。

  • ベビースイミングインストラクター講習会修了:
    ベビースイミング指導の知識と技能を有し、ベビースイミングの指導ができるものです。
  • 高齢者水泳インストラクター講習会修了:
    高齢者水泳指導の知識と技能を有し、高齢者水泳の指導ができるものです。
  • 妊婦水泳インストラクター講習会修了:
    妊婦水泳指導の知識と技能を有し、妊婦水泳の指導ができるものです。
  • 水泳施設運営管理講習会修了:
    水泳施設運営管理の知識を有し、水泳施設運営管理ができるものです。

受講手続き

受講希望者は、SC協ホームページの[水泳教師資格取得のための「専門科目講習会(対象別)開催日程]のなかから希望する会場・日程を選択し、各講習会の主管担当部署宛直接お申し込みください。

1)受講申し込みは、原則として「申込書」の郵送をもって受付いたします。
  1. ホームページ上の[水泳教師資格取得のための「専門科目講習会(対象別)開催日程]で、講習会名が青く変わっている講習会については、要項と申込書が添付されていますのでダウンロードして、必要事項を記載の上郵送にてお申し込みください。
    また、インターネットをご使用されていない方は、SC協事務局またはその講習会の管轄団体にご連絡頂けましたら、必要書類を郵送にてご送付いたします。
  2. 原則として、開催日の2ヵ月前までには詳細を決定し、ホームページ上にアップさせる予定でおりますが、未決定の講習会についてのお問い合わせは、管轄団体宛直接ご連絡願います。
2)申し込み先は、開催地(管轄団体)によって異なりますのでご注意願います。
  1. 開催日時
    各対象別講習会とも、1日間(9:00~19:00予定)
  2. 参加費用
    各対象別講習会とも
    受講料(9,000円+税)、検定料(3,000円+税) 合計12,000円+税
    但し、初回の対象別講習会の受講時には、
    テキスト代(5,000円+税)が他に必要となります。
  3. 申込方法
    定員に達し次第締め切りますので、必ず事前に電話予約をお願いします。
    申込書に必要事項を記入の上、振込金明細書のコピーを添えてご郵送ください。
  4. 申込確認
    申し込み並びに振込の確認は、「受講証」の発行をもって連絡をいたします。

対象別講習会について
対象別講習会は、水泳の指導教程を対象別に10個のカテゴリーに分けて、水泳教師6つ・水泳上級教師4つを割り当てて講習会を開催するものです。
各々の講習会は、基礎理論(通信講習を含む)、実技指導実習によって構成されています。

対象別講習会の内容

1)公認水泳教師
(1) 水泳基本講習会 時間数 主 な 内 容
講習 通信 合計
基礎
理論
水泳史 1 2 3 水泳の歴史
水泳運動論 1 2 3 水泳運動の特徴
クロール・背泳ぎ・平泳ぎ 1 1 2 クロール・背泳ぎ・平泳ぎの理論
バタフライ・横泳ぎ・立泳ぎ 1 1 2 バタフライ・横泳ぎ・立泳ぎの理論
実技
指導
実習
クロール・背泳ぎ 1 1 正しい泳ぎの習得とタイムの測定
及び泳法指導のポイントの習得
平泳ぎ・バタフライ 1 1 正しい泳ぎの習得とタイムの測定
及び泳法指導のポイントの習得
スタート・ターン・横泳ぎ・立泳ぎ 1 1 正しい泳ぎの習得とタイムの測定
及び泳法指導のポイントの習得
  合     計 7 6 13  

※水泳基本講習会では、次の実技試験を実施いたします。

種 目 試 験 の 基 準
100m
個人
メドレー
(1)制限タイムで泳ぐこと。(男子:1分40秒以内、女子:1分50秒以内)
※36歳から1歳につき1秒加算する。
(2)競泳競技規則に違反しない泳ぎで、模範となる泳ぎであること。なお、次の場合は不合格とする。         

  1. 競泳競技規則違反とまでは行かないがまぎらわしい泳ぎ。
  2. バタフライでドルフィンキック以外のキックを使用した場合。
  3. 自由形をクロール泳法以外で泳いだとき。
  4. バサロキックを行った場合。
横泳ぎ (1)20mを12あおり以内(出発は、壁・水底を蹴らないで仰向け浮きから)で泳ぐ。
(2)次の場合は不合格とする。         

  1. 横体(45°以上傾いた場合)でない場合。
  2. 顔が完全に水没した場合。
  3. 逆あおり、カエル足を使用した場合。
  4. 手が常に水上に出る場合(さき手はかいてもよい)。
  5. スカーリングを使用した場合。
潜行 (1)平浮きの姿勢から潜入し、男子20m、女子15mを完全に潜行する。
(2)水中の泳形は自由。
(2) 幼児水泳インストラクター講習会 時間数 主 な 内 容
講習 通信 合計
基礎
理論
幼児の発育発達 1 2 3 幼児水泳と発育発達
幼児の心理 1 2 3 水泳と幼児心理 幼児心理の発達
幼児水泳指導理論(1) 1 1 2 幼児水泳の指導内容
幼児水泳指導理論(2) 1 1 2 幼児水泳の指導ポイント 幼児水泳の問題点の解決
実技
指導
実習
3歳代の水泳指導 1 1 3歳代への具体的指導を経験する同時に具体的指導を学ぶ
4歳代の水泳指導 1 1 4歳代への具体的指導を経験する同時に具体的指導を学ぶ
5歳~6歳代の水泳指導 1 1 5歳~6歳代への具体的指導の経験、同時に具体的指導を学ぶ
  合     計 7 6 13  
(3) 学童水泳インストラクター講習会 時間数 主 な 内 容
講習 通信 合計
基礎
理論
学童の発育発達 1 2 3 学童水泳と発育発達
学童の心理 1 2 3 水泳と学童心理 学童心理の発達
学童水泳指導理論(1) 1 1 2 学童水泳の指導内容
学童水泳指導理論(2) 1 1 2 学童水泳の指導ポイント 学童水泳の問題点の解決
実技
指導
実習
水慣・クロール・背泳ぎ 1 1 学童への具体的指導を経験する同時に具体的指導を学ぶ
平泳ぎ・バタフライ 1 1 学童への具体的指導を経験する同時に具体的指導を学ぶ
個人メドレー・スタート・ターン 1 1 学童への具体的指導を経験する同時に具体的指導を学ぶ
  合     計 7 6 13  
(4) 成人水泳インストラクター講習会 時間数 主 な 内 容
講習 通信 合計
基礎
理論
成人の運動と生理 1 2 3 成人水泳と成人の生理
成人の心理と栄養 1 2 3 水泳と成人心理 水泳の消費カロリーとバランスの取れた栄養管理
成人水泳指導理論(1) 1 1 2 成人水泳の指導内容
成人水泳指導理論(2) 1 1 2 成人水泳指導ポイント 成人水泳の問題点の解決
実技
指導
実習
水慣・クロール・背泳ぎ・平泳ぎ 1 1 成人への具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
バタフライ・個人メドレー・スタートターン 1 1 成人への具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
横泳ぎ・立泳ぎ 1 1 成人への具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
  合     計 7 6 13  
(5) 競技水泳インストラクター講習会 時間数 主 な 内 容
講習 通信 合計
基礎
理論
競技水泳概論 1 2 3 競技水泳の歴史 競技水泳の特性
競技水泳の規則 1 2 3 水泳競技会の競泳規則
競技水泳のコーチング 1 1 2 各泳法のコーチングの実際
競技水泳のトレーニング 1 1 2 競技水泳トレーニングの基本 競技水泳トレーニングの種類と特徴
実技
指導
実習
クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライ 1 1 四泳法の具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
個人メドレー・スタート・ターン 1 1 個人メドレー・スタート・ターンの具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
シンクロナイズドスイミング・水球・日本泳法 1 1 シンクロ・水球・日本泳法の基本を学ぶ
  合     計 7 6 13  
(6) 水泳安全管理のための講習会 時間数 主 な 内 容
講習 通信 合計
基礎
理論
水泳安全管理法 1 1 2 水泳安全管理の方法 プールで起こる事故の実態
救急法・救助法 1 1 2 緊急時における応急手当 緊急時における救助法
人工呼吸 1 1 2 緊急時における人工呼吸
胸骨圧迫 1 1 2 緊急時における胸骨圧迫
実技
指導
実習
救急法・救助法 1 1 救急法と救助法の具体的やり方を学ぶ
心肺蘇生法(1) 1 1 人工呼吸の具体的なやり方を学ぶ
心肺蘇生法(2) 1 1 AEDの具体的な使用方法を学ぶ
  合     計 7 4 11  

※水泳安全管理のための講習会では、実技試験の心肺蘇生法を次の内容にて「心肺蘇生法(2)」において行います。

心肺蘇生法 (1)胸骨圧迫、人工呼吸を含む心肺蘇生を、胸骨圧迫30回、人工呼吸2回を1サイクルとし、1~2サイクル行う。
(2)AED(自動体外式除細動器)も使用する。
(3)手順を間違えた場合は、不合格とする。ただし、本人が気づき手順を正した場合は可とする。判定用紙を使用のこと(手順判定)。
(4)5分以内で行うこと。
(5)間違いの申し出があった場合は、初めから実施できる。
2)公認水泳上級教師
(7) ベビ-スイミングインストラクタ-講習会 時間数 主 な 内 容
講習 通信 合計
基礎
理論
0歳~2歳代までの発育発達 1 2 3 ベビースイミングと発育発達
0歳~2歳代までの心理 1 2 3 水泳と心理 心理の発達
ベビースイミング指導理論(1) 1 2 3 ベビースイミングの指導内容
ベビースイミング指導理論(2) 1 2 3 ベビースイミングの指導ポイントと問題点の解決
実技
指導
実習
6カ月~12カ月のベビースイミング 1 2 3 具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
満1歳~1歳6カ月 〃 1 2 3 具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
1歳7カ月~1歳12カ月 〃 1 2 3 具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
満2歳~2歳12カ月 〃 1 2 3 具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
  合     計 8 16 24  

 

(8) 高齢者水泳インストラクター講習会 時間数 主 な 内 容
講習 通信 合計
基礎
理論
高齢者の運動と生理 1 2 3 高齢者水泳と高齢者の体力と生理
高齢者の心理 1 2 3 高齢者水泳と心理
高齢者水泳と栄養 1 2 3 高齢者水泳と栄養管理
高齢者水指導理論 1 2 3 高齢者水泳の指導内容 指導ポイントと問題点の解決
実技
指導
実習
実技指導実習 水慣・クロール・背泳ぎ 1 2 3 具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
平泳ぎ・バタフライ 1 2 3 具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
横泳ぎ・立泳ぎ 1 2 3 具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
高齢者のための水中運動 1 2 3 具体的指導を経験すると同時に具体的指導法を学ぶ
  合     計 8 16 24  

 

(9) 妊婦水泳インストラクター講習会 時間数 主 な 内 容
講習 通信 合計
基礎
理論
妊娠と分娩 1 2 3 妊娠の経過と分娩
妊婦水泳概論 1 2 3 妊婦水泳の目的 妊婦水泳実施条件
妊婦水泳指導理論(1) 1 2 3 実施前の確認事項 妊婦水泳指導原則
妊婦水泳指導理論(2) 1 2 3 妊婦水泳指導の具体的指導内容
実技
指導
実習
準備体操・水なれ・背泳ぎ系 1 2 3 妊婦のための準備体操・水なれ・背泳ぎ系の具体的指導を学ぶ
クロール系・弛緩法 1 2 3 妊婦のためのクロール系・弛緩法の具体的指導を学ぶ
平泳ぎ系・バタフライ系 1 2 3 妊婦のための平泳ぎ系・バタフライ系の具体的指導を学ぶ
妊婦水泳特有教程 1 2 3 妊婦のための呼吸法・水中座禅等の具体的指導を学ぶ
  合     計 8 16 24  

 

(10) 施設運営管理のための講習会 時間数 主 な 内 容
講習 通信 合計
基礎
理論
水泳施設論 1 1 2 安全な水泳施設 望まれる水泳施設
SCの経営管理と委託業務 1 1 2 スイミングクラブの経営 水泳場の委託業務
水泳場施設管理と衛生管理 1 1 2 水泳施設の管理 水泳場の衛生管理 水質管理
スイミングクラブの運営 1 1 2 スイミングクラブの運営
各種講習会の計画と運営 1 1 2 各種講習会の計画と運営
障害者水泳の計画と運営 1 1 2 障害者水泳の実際
その他水泳の計画と運営 1 1 2 水中での遊び等のその他水泳
実技 水泳評価 1 1 2 受講者の水泳技術評価 水泳指導の結果の評価方法
  合     計 8 8 16  

※施設運営管理のための講習会では、実技指導実習の試験を次の内容で実技指導実習中に行います。

種 目 内  容
100m
個人メドレー
(1)特に制限タイムを設けず、泳形を重視する。
(2)泳法違反は、不合格とする。
各泳法の
スタート・ターン
技術の判定を行う。次の場合は不合格とする。
(1)競泳競技規則に違反している場合。
(2)違反とまでは行かないが、競技者として不適とみなされた場合。
(クイックターンは講習を通じて一応の基準に達していること。)
立泳ぎ 試験は3分間行い、次ぎの場合は不合格とする。
(1)耳たぶが水没した場合。
(2)手を使用した場合。
(3)著しく安定を欠いた場合や移動した場合。

免除規定について
対象別講習会は、受講者が次に挙げる資格を保有している場合、各対象別講習会の一部または総ての受講を免除します。

    1. 公益財団法人日本スポーツ協会 公認水泳コーチ3(旧公認水泳コーチ)・公認水泳コーチ4(旧公認水泳上級コーチ)
      A.2019年3月31日以前の資格取得者の場合
      「水泳基本講習会」の全科目を免除する。
      「競技水泳インストラクター講習会」の全科目を免除する。
      「水泳安全管理のための講習会」の全科目を免除する。
      B.2019年4月1日以降の資格取得者の場合
      「水泳基本講習会」の実技試験を除いた全科目を免除する。
      ※実技検定試験は100m個人メドレーを免除し、横泳ぎ・潜行を行う
      「競技水泳インストラクター講習会」の全科目を免除する。
      水泳安全管理講習会の実技試験を除いた全科目を免除する。
      ※実技検定試験は心肺蘇生を行う。
    2. 公益財団法人日本スポーツ協会 公認水泳コーチ1(旧公認水泳指導員)・公認水泳コーチ2(旧公認水泳上級指導員)
      A.2019年3月31日以前の資格取得者の場合
      「水泳基本講習会」の全科目を免除する。
      「水泳安全管理講習会」の全科目を免除する。
      B.2019年4月1日以降の資格取得者の場合
      「水泳基本講習会」の実技試験を除いた全科目を免除する。
      ※実技検定試験は100m個人メドレーを免除し、横泳ぎ・潜行を行う
      「水泳安全管理講習会」の実技試験を除いた全科目を免除する。
      ※実技検定試験は心肺蘇生を行う。
    3. 公益財団法人日本水泳連盟 基礎水泳指導員
      A.2019年3月31日以前の資格取得者の場合
      「水泳基本講習会」の全科目を免除する。
      「水泳安全管理講習会」の全科目を免除する。
      B.2019年4月1日以降の資格取得者の場合
      「水泳基本講習会」の実技試験を除いた全科目を免除する。
      ※実技検定試験は100m個人メドレーを免除し、横泳ぎ・潜行を行う
      「水泳安全管理講習会」の実技試験を除いた全科目を免除する。
      ※実技検定試験は心肺蘇生を行う。
    4. 日本赤十字社 水上安全法資格取得者
      「水泳安全管理講習会」の全科目を免除する。
    5. NPO法人日本ライフセービング協会 ベーシック・サーフ・ライフセーバー資格取得者
      「水泳安全管理講習会」の全科目を免除する。
    6. 一般社団法人日本スイミングクラブ協会 「安全水泳法」資格取得者
      「水泳安全管理講習会」の全科目を免除する。
    7. 一般社団法人日本スイミングクラブ協会 水泳インストラクター
水泳教師・上級水泳教師 水泳インストラクター
資格種類 「専門科目」対象別講習会 C級 B級 A級 AA級
水泳教師 水泳基本講習会 免除 免除 免除 免除
幼児水泳インストラクター講習会   免除 免除 免除
学童水泳インストラクター講習会 免除 免除 免除 免除
成人水泳インストラクター講習会     免除 免除
競技水泳インストラクター講習会     免除 免除
水泳安全管理講習会       免除
水泳上級教師 ベビースイミングインストラクター講習会   免除 免除 免除
高齢者水泳インストラクター講習会     免除 免除
妊婦水泳インストラクター講習会     免除 免除
施設運営管理講習会       免除

アクセス

〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2-20-7 水道橋西口会館5階
TEL. 03-3511-1552

関連 WEB LINK

ページ上部へ戻る